〇〇がなければ、彼女はできません

こんにちは!つかさです!

 

あなたは恋愛に取って一番何が大事か

知っていますか?

 

実はこれを知らなければ

どんなに恋愛テクニックをつけたとこで

彼女ができることはありません。

 

今日は恋愛をする上で一番大事なものに

ついて紹介したいと思います。

 

 

これを知ることが出来れば

あなたはテクニックだけでなく

恋愛をする上で大切なものが

手に入り、思うままに女の子を

落とすことが出来ます。

 

また今日お伝えすることは人生に

おいても大変重要なものなので

この記事を見れば、今度の人生も

充実した楽しいものになります。

 

しかし、この記事を見ずに

恋愛において一番重要なものを知らずに

恋愛をすれば、女の子からは

男として見られず

 

常に恋愛の対象外として

接せられることになります。

 

そうなればあなたは、夏休みも

クリスマスもバレンタインも

すべて独りで過ごす辛い人生を

送ることになります。

 

そんなお先真っ暗の人生なんて

絶対に嫌ですよね?

 

絶対に嫌だという方は

このまま読み進めてください。

 

 

これまで述べてきた恋愛において

一番重要なものとは・・・

 

「自信」です。

 

自信があれば、あなたは

狙った女の子を必ず惚れさせることが

でき、あんなことやこんなことも

やりたい放題です。

 

しかし、自信がなければ

どんなに恋愛テクニックをつけても

女の子に相手にされず、一生孤独な人生を

送って魔法使いになってしまうでしょう…

 

だけど安心してください。

自信をつけることは

とても簡単なんです。

 

たった4つのことを意識して

生活するだけで自信をつけることができます。

 

その4つのこととは

 

1、小さな成功を積み重ねて、

成功するたびにご褒美を自分にあげる

 

2、周りの人と比べない

 

3、昨日の自分よりも変化する

 

4、いつも笑顔でいる

 

 

この4つを意識して生活ができれば

必ず自分に自信が持てるようになります。

 

大きな成功なんて必要ありません。

 

いつもより少し大きな声で話すことができた

ギャグを思い切って言うことができた

 

そんな些細な成功でいいんです。

その成功の積み重ねが大きな成功につながります。

 

また周りの人と比べても自分は劣っている

なんて考える必要はありません。

 

周りの人とあなたは全く違う人生を送って

います。そんな人同士を比べることは

そもそもできないんです。

 

自分と他の人を比べることは

プロ野球選手とプロサッカー選手

どっちがすごいか比べているようなものです。

 

同じ土俵に立ってない人同士を

比べることなんてできないんです。

 

だから、あなたも自分と他の人を比べて

自分のが劣っているなんて思って

気分を落とさないでください。

 

他の人と自分を比べるのではなく

自分と過去の自分を比べて

成長するようにしましょう!

 

そして昨日の自分より成長するには

昨日の自分よりも変化すればいいのです。

 

変化することは成長することにつながります。

毎日同じことをやっていては

成長することは決してありません。

 

変化もいつもと違う時間の電車に

乗るなどのような小さな変化で

かまいません。

 

いつもの違う時間の電車に乗ったら

いつもよりすいてて快適な

通学ができるかもしれません。

 

いつもと違う時間の電車に乗れば

いつもは見かけない可愛い子に会えるかも

しれません。

 

変化することが昨日の自分よりも

成長する鍵なのです。

 

また自信がある人で暗い顔をしてる人は

いません。

 

自信がある人はみんな笑顔で生活しています。

 

こんなことを言うとあなたは

「自信があるから笑顔で生活できるんだよ」

と思うかもしれません。

 

しかし、実際は逆です。

笑顔でいるから楽しくなり、

幸せを感じられて

 

そんな幸せを感じられる

自分に自信が持てるようになるんです。

 

小さな成功を重ねて

周りの人のことは気にせず

昨日の自分より変化して

いつも笑顔で生活していれば

 

必ず自信が持てるようになります。

そして自信が持てれば自然と

女の子もあなたを魅力的に感じて

あなたのことが気になって仕方なくなるでしょう。

 

 

では、さっそく

 

今すぐ笑顔になってください。

 

どうです?楽しいでしょう。

自然と自信が沸いてきませんか?

 

これからも笑顔で

生活して自分に自信を持ちましょう。

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。